オーナーの皆様方への情報をお届け致します。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月30日 (日) | 編集 |
2週間前、茨城県稲敷市に鳥見に行ったところ、広大な田んぼの道にチョウゲンボウ(雌)が居ました。
撮影する為、カメラを構え近づいても逃げません、さらに近づくと1メートル位飛んで田んぼに落ちました。
怪我をしているらしく、簡単に捕まえられました。
ケンボウ1


病院で麻酔をして体をよく検査しても傷はありませんでした。また、レントゲン検査でも異常はありませんでした。最初は、カゴに慣れず暴れていましたが、すぐにおとなしくなりました。エサもよく食べ元気です。
チョウゲンボウは小型のタカの仲間です。ケンボウと名づけました。
ケンボウ2


いつまでも、小さいカゴな中では可愛そうです、病院のなかで放したところ問題なく飛べるので放鳥することになりました。飛べなかったのは、多分どこかに衝突して弱っていたかもしれません。
保護した田んぼに行き、放鳥しました、元気に飛び出しました。
Iケンボウ3

飛び出してすぐの クイに止まりました。久しぶりにみる田んぼを見回していました。
ケンボウ4

さらに飛んで遠方の、電信柱に止まりました。これだけ飛べれば問題ないでしょう。
翼を広げ自慢しているようでした。
その後 再度飛び出し視界から消えていきました。厳しい自然の中ですが、元気で生き抜いてほしいものです。

ケンボウ5


















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。